国内外ニュース

都議会公明「都政踏み台、残念」 自民も、新党に苦言

 東京都議会の本会議に臨む、国政新党「希望の党」代表に就任した小池百合子知事。左は代表質問を終えた公明党の谷村孝彦幹事長代行=26日午後  東京都議会の本会議に臨む、国政新党「希望の党」代表に就任した小池百合子知事。左は代表質問を終えた公明党の谷村孝彦幹事長代行=26日午後
 東京都の小池百合子知事が国政新党「希望の党」を結成して初の都議会本会議が26日開かれ、小池氏が党代表に就任したことに、自民党や公明党から代表質問で苦言が相次いだ。公明の谷村孝彦幹事長代行は「都政を踏み台にして、他の狙いがあるかのような報道がなされていることは非常に残念だ」と指摘した。

 自民都議も「東京への思いや愛情が感じられない。知事の思いが今この瞬間も別の所にあるのではないか」と皮肉った。ただ自公ともに答弁を求めなかったため、小池氏はこうした指摘や新党に関しては言及しなかった。

 公明は都議会では知事与党だが、小池氏の党代表就任で連携解消を検討している。

(9月26日22時11分)

政治(9月26日)