国内外ニュース

ユニー・ファミマ新ポイント検討 ドンキ店舗での利用も視野

 インタビューに答えるユニー・ファミリーマートホールディングスの高柳浩二社長  インタビューに答えるユニー・ファミリーマートホールディングスの高柳浩二社長
 ユニー・ファミリーマートホールディングスの高柳浩二社長(65)は26日までに共同通信のインタビューに応じ、新たなポイントサービスの導入を検討していることを明らかにした。傘下のファミリーマートと総合スーパーに加え、8月に資本業務提携したドンキホーテホールディングスの店舗での利用も視野に入れる。

 高柳氏は「ドンキを含めると4兆5千億円規模の経済圏になる。これを生かさない手はない」と説明。顧客の囲い込みにつなげるほか、ポイントの共通化で購買データを効率的に集め、商品開発やサービスに生かす。ドンキとの提携に関しては、商品の配送や仕入れも共同で進める。

(9月27日2時05分)

経済(9月27日)