国内外ニュース

国連で「核兵器廃絶デー」 禁止条約の推進訴え

 26日、ニューヨークの国連本部で開かれた「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」の記念会合(共同)  26日、ニューヨークの国連本部で開かれた「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」の記念会合(共同)
 【ニューヨーク共同】国連が定める「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」の26日、ニューヨークの国連本部で毎年恒例の記念会合が開かれた。多くの国々が北朝鮮による核・ミサイル開発に強い危機感を表明したほか、7月に採択され、今月署名が始まった核兵器禁止条約の推進が重要だと訴えた。

 グテレス事務総長は北朝鮮の「挑発的な核・ミサイル実験」に触れ「記念会合がこれほど時宜を得た開催になったことはない」と指摘。核兵器禁止条約とともに、核兵器保有国が参加する核拡散防止条約(NPT)を通じた核軍縮への努力が必要だと述べた。

(9月27日9時01分)

国際(9月27日)