国内外ニュース

自公「新党で厳しい戦いに」 衆院選へ結束確認

 自民、公明両党の幹事長ら幹部は27日午前、東京都内で会談し、小池百合子東京都知事率いる新党「希望の党」の設立に関して「衆院選は大変厳しい戦いになる。甘く見ないで、結束を固めよう」と確認した。

 会談には、自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長のほか、それぞれの政調会長、選対委員長らが出席した。

 双方は「自公政権の在り方が問われている。今回は政権選択選挙であり、安定の自公両党が選ばれるよう力を合わせよう」との認識で一致。両党で衆院過半数の確保を目指す考えだ。

 政権公約について、消費税率10%への引き上げ時に、増収分の使途を変更する方向性を確認した。

(9月27日11時16分)

政治(9月27日)