国内外ニュース

長井さん没後10年で妹が墓参り 「兄の無念晴らしたい」

 ミャンマーで2007年、映像ジャーナリストの長井健司さん=当時(50)=が反政府デモの取材中に治安部隊に銃撃され死亡してから10年となる27日、故郷の愛媛県今治市で妹の小川典子さん(57)が墓参りをした。

 小雨が降る中、紫色のリンドウを手向け、静かに手を合わせた。「兄の無念を晴らしたいという思いで、この10年を過ごしてきた」と話した。

 小川さんは外務省を通じ、ミャンマー政府に長井さんが銃撃された際に握り締めていたビデオカメラの返却を求めてきたが、進展がないまま10年が経過。一緒に返却を訴えてきた両親は、願いがかなわぬまま13年に相次いで亡くなった。

(9月27日12時11分)

社会(9月27日)