国内外ニュース

JXTG室蘭製造所の生産停止へ 18年度中、物流施設に転換

 石油元売り最大手のJXTGエネルギーが、室蘭製造所(北海道室蘭市)での化学品の生産を停止する方針を固めたことが27日、分かった。2018年度中にも物流施設に転換する計画とみられる。従業員の雇用は配置転換などで可能な限り維持する方針。

 ガソリンなど石油製品の需要が先細る中、事業所の再編を通じて収益を拡大する。27日午後に杉森務社長が同製造所で記者会見し、発表する。

 室蘭製造所は製油所として1956年に運転を開始。99年には日量約20万バレルの原油を精製する能力があった。需要の減少に伴い、14年に原油の処理装置を停止、ナフサなど化学製品の生産にシフトした。

(9月27日13時10分)

経済(9月27日)