国内外ニュース

米の与党系研究者に会合を打診 北朝鮮、大統領の真意探る

 【ワシントン共同】北朝鮮高官が米国との非公式協議の場などを利用して、トランプ大統領の真意を把握したいとして、米与党共和党系の元政府高官や研究者らに対し、平壌や第三国での会合に参加するよう要請していることが26日分かった。米紙ワシントン・ポスト電子版が報じ、研究者の一人が共同通信に確認した。

 米朝間では威嚇の応酬が続いているが、北朝鮮側は水面下で対話の糸口を探っているもようだ。ただ、核保有国としての容認を求めるなど北朝鮮が譲歩する兆候はなく、情勢打開は依然として困難だ。

(9月27日16時20分)

国際(9月27日)