国内外ニュース

「必勝だるま」づくり急ピッチ 衆院選に向けて、群馬・高崎

 群馬県高崎市の工房で、衆院選に向けて急ピッチで製作される「必勝だるま」=27日午後  群馬県高崎市の工房で、衆院選に向けて急ピッチで製作される「必勝だるま」=27日午後
 だるまの産地として知られる群馬県高崎市の工房では27日、次期衆院選での当選を祈願する「必勝だるま」づくりが急ピッチで進み、筆を手にした職人が仕上げの作業に追われていた。

 同市藤塚町の「だるまのふるさと大門屋」の工房には赤く、つややかなだるまが並び、8人の職人が金色の絵の具で「大願成就」と丁寧に書き入れていた。必勝だるまは通常より大きく、高さ50~74センチ。1日10件以上注文が入ることもあり、中田純一社長(65)は「急な解散になるが、早めに取りかかったので乗り切れた」と話す。

 過去の選挙では、投開票日の前日に慌てて注文した候補者もいたという。

(9月27日17時35分)

暮らし・話題(9月27日)