国内外ニュース

東京円、約2カ月ぶり安値 一時1ドル=112円82銭

 27日の東京外国為替市場の円相場は、米国の年内追加利上げ観測を背景に円安ドル高が進行し、円相場は一時1ドル=112円82銭を付け、対ドルで約2カ月ぶりの安値水準となった。

 午後5時現在は、前日比93銭円安ドル高の1ドル=112円68~69銭。ユーロは47銭円安ユーロ高の1ユーロ=132円46~50銭。

 米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長の講演で年内の追加利上げが意識され、ドルを買って円を売る動きが広がった。米税制改革案の発表を控え、法人税率引き下げなどへの期待感もドル買いを促した。

(9月27日18時30分)

経済(9月27日)