国内外ニュース

茨城、航空機の落下パネルか 成田空港飛行ルートの会社敷地

 茨城県稲敷市で見つかった航空機のパネルを確認する全日空の関係者=27日夜、成田空港  茨城県稲敷市で見つかった航空機のパネルを確認する全日空の関係者=27日夜、成田空港
 27日午前11時ごろ、成田空港を発着する航空機の飛行ルートに当たる茨城県稲敷市江戸崎の会社敷地内で、航空機のパネルとみられる部品が落ちているのが見つかった。

 成田空港を発着した全日空機から7日から8日にかけ、脱出用シューターを収納するパネルが2度脱落しており、国土交通省成田空港事務所が関連を調べている。

 同事務所によると、部品は台形の板状で、長い辺が約60センチ、短い辺が約30センチ、高さ約150センチ、重さ約3キロの白色。現場は成田空港から北西に約20キロで、B滑走路に到着する航空機の飛行ルートに当たる。会社が地元消防などを通じて同事務所に届けた。

(9月27日19時51分)

社会(9月27日)