国内外ニュース

対北朝鮮で米国防衛に自信 北方軍司令官

 【ワシントン共同】ロビンソン米北方軍司令官は27日、ワシントンで講演し、北朝鮮の核・ミサイル開発が加速度的に進んでいることへの危機感を表明した一方、「米軍の米国防衛能力に自信を持っている」と述べた。

 北朝鮮が弾道ミサイル技術を短期間に「驚くほど」向上させていると指摘した。防衛体制に万全を期すため、レーダーや地上配備型迎撃ミサイル(GBI)の拡充を進めると語った。

 米北方軍司令官は、カナダとの共同防衛組織、北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)司令官も兼任。米本土防衛を一元的に管轄している。

(9月28日5時45分)

国際(9月28日)