国内外ニュース

世界を車いすで巡る男性、初来日 ウクライナの社会活動家

 東京都台東区で横断歩道を渡るミコラ・ポドレザンさん=27日  東京都台東区で横断歩道を渡るミコラ・ポドレザンさん=27日
 車いすで世界を巡り、各国のバリアフリー環境を母国に紹介する取り組みをしているウクライナの社会活動家ミコラ・ポドレザンさん(64)が27日、初めて来日した。東京の中心部約1キロを走り「日本の街や人はとても親切だと感じた。障害者が社会と積極的に関わることの大切さを世界の人に伝えたい」と話した。

 ポドレザンさんは1991年、交通事故に遭い、足が不自由になった。2004年アテネ五輪の世界五大陸を巡る聖火リレーでウクライナの走者に選ばれた経験から、思い付いたという。

 11年に開始し、日本は23カ国目。18年にウクライナ・キエフを走りゴールする予定だ。(共同)

(9月28日10時16分)

社会(9月28日)