国内外ニュース

関東南部、非常に激しい雨 千葉では1時間100ミリも

 前線を伴った低気圧が接近した影響で、関東甲信の南部では28日朝、非常に激しい雨が降った。千葉県の3市町ではレーダーによる解析で1時間に約100ミリの降雨があったとして、気象庁は記録的短時間大雨情報を出し、河川の増水や土砂災害に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、記録的短時間大雨情報が出たのは富津市、いすみ市、大多喜町。大多喜町と神奈川県三浦市では、1時間雨量の観測史上1位を更新した。低気圧に向かって湿った空気が流れ込んだため、本州の広い範囲で大気の状態が非常に不安定になっていた。

(9月28日10時26分)

社会(9月28日)