国内外ニュース

民進執行部が「解党」了承 衆参議員ら、希望の党に合流へ

 民進党の常任幹事会であいさつする前原代表=28日午前、東京・永田町の党本部  民進党の常任幹事会であいさつする前原代表=28日午前、東京・永田町の党本部
 民進党は28日の常任幹事会で、10月の衆院選を巡り、新党「希望の党」(代表・小池百合子東京都知事)との合流を了承した。党所属の衆院議員らの公認を取り消し、希望の党に立候補者の公認を申請する。事実上の解党で、民進党として比例代表名簿をつくらず、参院側も基本的に希望の党に参加する。この後の両院議員総会で前原誠司代表は希望の党との合流を提案した。民進党内では、新党の「顔」として小池氏への衆院選出馬待望論が高まった。一任を取り付けたい考えだ。

 前原氏は常任幹事会に先立つ執行役員会で「希望の党と一緒に戦う」と強調した。

(9月28日14時36分)

政治(9月28日)