国内外ニュース

EV開発の新会社設立 トヨタ・マツダ・デンソー

 トヨタ自動車とマツダ、トヨタグループの部品大手デンソーは28日、電気自動車(EV)の開発に向け新会社を共同で設立したと発表した。世界的な環境規制の厳格化を背景にガソリン車からEVへ移行する流れが加速しており、連携して基盤技術の開発を急ぐ。本社は名古屋市。

 トヨタとマツダは8月、相互に500億円を出資する資本提携の合意を発表していた。デンソーを加えることで、さまざまな車種に使える部品の生産などを目指す。開発にかかる1社当たりの巨額の費用を抑えることにもつながる。

 新会社は、車体の骨格や制御システムの開発をする。

(9月28日14時12分)

経済(9月28日)