国内外ニュース

長野でマスコミ倫理懇談会の大会 メディアの役割を議論

 長野市で始まったマスコミ倫理懇談会全国協議会の全国大会=28日午前  長野市で始まったマスコミ倫理懇談会全国協議会の全国大会=28日午前
 新聞社や放送局などでつくるマスコミ倫理懇談会全国協議会の第61回全国大会が28日、長野市のホテルで始まった。メインテーマは「いま、メディアの信頼と役割は」で、マスコミ関係者ら約300人が参加。

 開催地を代表してあいさつに立った信濃毎日新聞社の小坂壮太郎社長は、「信頼性をどう担保し、継承するかが普遍のテーマ。倫理観や使命感を持って報道という仕事に取り組んでいるかどうかが問われる」と述べた。

 続いてノンフィクション作家の保阪正康氏が「知る権利とは何か、誰のものか」と題して基調講演。「メディアは人々から知る権利を託されていることを自覚すべきだ」と指摘した。

(9月28日12時36分)

社会(9月28日)