国内外ニュース

民間の平均給与421万円 正規、非正規格差は拡大

 民間企業で働く給与所得者が2016年に受け取った平均給与額は前年比1万2千円増の421万6千円だったことが28日、国税庁のまとめで分かった。4年連続の上昇だが、伸び率は15年比0・3%増とほぼ横ばい。男性の平均は521万1千円、女性は279万7千円だった。

 役員を除き、正社員の平均給与は486万9千円(0・4%増)、非正規社員は172万1千円(0・9%増)。両者の格差は314万8千円となり、比較できる12年以降で最大になった。

 一年を通じて勤務した給与所得者数は4869万人で過去最高(うち女性は2・3%増の2007万人)だった。

(9月28日17時20分)

経済(9月28日)