国内外ニュース

大阪市長、米慰安婦像反対で書簡 サンフランシスコ市に送付へ

 吉村洋文大阪市長は28日、姉妹都市の米サンフランシスコ市議会が「慰安婦の日」を制定し、旧日本軍の従軍慰安婦問題を象徴する少女像を公有地に設置しようとしていることについて、姉妹都市を解消する可能性があるとする内容の書簡を、週内にも送付すると明らかにした。

 吉村市長によると、既に民間団体が民有地に設置した少女像について、サンフランシスコ市が寄贈を受ける予定があるとしている。書簡には姉妹都市交流を継続する意向があると盛り込むが、「市の意思としてパブリックスペースに設置するのはレッドライン。姉妹都市の信頼関係が根本から破壊される」と強調した。

(9月28日19時06分)

社会(9月28日)