国内外ニュース

FC今治に初のJ3ライセンス Jリーグ理事会

 Jリーグは28日、東京都内で理事会を開き、来季のJ3参加資格となるJ3クラブライセンスを日本フットボールリーグ(JFL)のFC今治、ヴァンラーレ八戸、奈良クラブに交付すると決めた。年間4位以内などの要件を満たし、11月の理事会で承認されれば来季のJ3に参入できる。

 元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務めるFC今治には、初の交付。東京武蔵野シティFCはスタジアムが基準を満たさず不交付となった。

 来季、16チームが4組に分かれて1次リーグを行うYBCルヴァン・カップの大会方式変更も決議した。

(9月28日19時16分)

サッカー(9月28日)