国内外ニュース

「解党」低調議論ですんなり了承 重大提案に紛糾なく

 民進党の両院議員総会に出席した議員ら=28日午後、東京・永田町の党本部  民進党の両院議員総会に出席した議員ら=28日午後、東京・永田町の党本部
 民進党が「希望の党」(代表・小池百合子東京都知事)への合流を決めた28日の両院議員総会は、事実上の解党がテーマだったにもかかわらず、低調な議論に終始した。前身となる民主党時代を含め、重要課題の意思決定の際にはたびたび紛糾、白熱した議論を繰り返してきた。「離党ドミノ」が止まらず、遠心力が働く中、前原誠司代表の唐突で重大な提案をすんなり受け入れた形だ。

 「起死回生の策で多くの仲間を当選に導き、政権交代を実現するにはこれしかない」。報道陣が退出した後の両院総会。前原氏が切り出すと、出席者の多くはうなずくしぐさをみせた。

(9月29日0時26分)

政治(9月29日)