国内外ニュース

鈴木氏を「スポーツ行政の顔に」 林文科相が期待を示す

 林芳正文部科学相は29日の記者会見で、2020年東京五輪・パラリンピック終了後まで続投することが決まったスポーツ庁の鈴木大地長官について「引き続きスポーツ行政の顔としてリーダーシップを発揮し、スポーツ関連施策の総合的な推進に尽力してほしい」と期待を示した。

 林文科相は19年にラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会が開催されることも踏まえ、「わが国で開催される世界的なスポーツイベントを目前に控えた大変重要な時期。20年東京大会が終了するまで鈴木長官に対応していただきたい」と述べた。

(9月29日12時20分)

スポーツ(9月29日)