国内外ニュース

新国立工事で是正勧告、違法残業 男性自殺の会社に

 新国立競技場の建設工事現場=7月、東京都新宿区  新国立競技場の建設工事現場=7月、東京都新宿区
 新国立競技場建設工事に従事していた東京都内にある建設会社の男性新入社員=当時(23)=が今年3月に自殺、遺族が労災申請した問題で、男性に違法な長時間労働をさせていたとして、労働基準監督署が建設会社に是正勧告していたことが29日、関係者への取材で分かった。

 遺族側によると、男性は大学卒業後の昨年4月に入社。新国立の地盤改良工事の作業管理に従事していたが、今年3月に行方不明になり、翌4月、長野県内で遺体が見つかった。

 遺族側が調べたところ、失踪前1カ月で約211時間の残業が確認され、遺族は「過重労働が原因でうつ病などの精神疾患になり自殺した」としている。

(9月29日12時50分)

社会(9月29日)