国内外ニュース

核燃料再処理工場の完成は延期か 日本原燃社長「厳しい」

 日本原燃の工藤健二社長は29日の定例記者会見で、2018年度上半期としている使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の完成目標時期に関し、延期があり得るとの考えを示した。延期を明言しなかったものの「(目標達成は)厳しいと認識している」と述べた。

 再処理工場の非常用電源建屋に8月、雨水が流入し、工場内の全設備の安全調査をする必要が生じたためで、工藤社長は「調査に最優先で取り組む」とした。

 原子力規制委員会の適合性審査に合格し、工場を稼働させるには、規制委に「補正書」の最終版を提出する必要がある。安全調査の実施により、提出の見通しは立っていない。

(9月29日16時36分)

科学・環境(9月29日)