国内外ニュース

「ヒバクシャ国際署名」5百万超 核廃絶訴え、国連提出へ

 世界中に核兵器廃絶を訴える「ヒバクシャ国際署名」に取り組む推進連絡会は29日、これまでに約515万5千筆が集まったと発表した。米国で10月に始まり、軍縮を議論する国連総会第1委員会に、日本原水爆被害者団体協議会(被団協)の木戸季市事務局長(77)が署名を提出する予定。

 署名運動は昨春始まった。2020年までに数億筆集めることが目標。18府県知事を含む約900人の市区町村首長が賛同し、少なくとも42カ国以上から署名が寄せられるなど、広がりを見せている。

(9月29日19時17分)

社会(9月29日)