国内外ニュース

仮想通貨取引所を登録 金融庁発表、計11業者

 金融庁は29日、ビットコインなどを扱う計11の仮想通貨取引所を「仮想通貨交換業者」として登録したと発表した。10月1日から登録業者と登録申請中の業者以外は、仮想通貨と法定通貨を交換するサービスを提供できなくなるため廃業手続きに入る。

 登録を受けたのは国内最大規模の仮想通貨取引所を運営する「ビットフライヤー」や、「フィスコ仮想通貨取引所」、「マネーパートナーズ」など。28業者から正式な登録申請があり、今回登録を受けなかった17業者は審査継続中という。

 今年4月1日に施行された改正資金決済法により登録制が導入された。

(9月29日19時45分)

経済(9月29日)