国内外ニュース

教会乱射2年前の黒人射殺報復か 米南部テネシー州

 【ニューヨーク共同】米南部テネシー州の教会で今月24日に発生した銃乱射事件で、殺人容疑で訴追された黒人の容疑者の車から、2年前に南部の別の州の黒人教会で起きた白人による乱射事件への報復について言及したメモが見つかった。当局者の話としてAP通信が29日報じた。

 事件は人種間対立が背景にある可能性も出てきた。連邦捜査局(FBI)は、人種などへの差別に基づく憎悪犯罪(ヘイトクライム)の有無について捜査を始めた。

 今月24日の乱射事件はテネシー州ナッシュビル郊外で発生。スーダン系移民の容疑者が銃を乱射、白人の女性1人が死亡し、6人が負傷した。

(9月30日7時31分)

国際(9月30日)