国内外ニュース

欧州委、ネット企業課税強化へ 米側の反発招く恐れ

 29日、エストニア首都タリンで開かれた非公式首脳会議の会場で話すドイツのメルケル首相(左)とフランスのマクロン大統領(右)(ロイター=共同)  29日、エストニア首都タリンで開かれた非公式首脳会議の会場で話すドイツのメルケル首相(左)とフランスのマクロン大統領(右)(ロイター=共同)
 【タリン共同】欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は29日、米国のIT大手グーグルや交流サイト大手フェイスブックに代表される、インターネット上のビジネスを世界で行う企業への課税強化策を来年提案すると表明した。EUはこれまでも、公正な競争を妨げているとして米ネット企業に厳格な態度で臨んでおり、米側の反発を招く恐れがある。

 エストニアの首都タリンでのEU非公式首脳会議「デジタルサミット」後に記者会見し述べた。

 フランスのマクロン大統領は別に開かれた記者会見で「(ネット企業)はゲームのルールを尊重しない」と主張、欧州で事業展開しているのに納税が少ないと批判。

(9月30日7時56分)

経済(9月30日)