国内外ニュース

FRB議長候補2人と相次ぎ会談 米大統領、10月中の指名明言

 ジェローム・パウエル氏(ロイター=共同)、ケビン・ウォーシュ氏(ゲッティ=共同)  ジェローム・パウエル氏(ロイター=共同)、ケビン・ウォーシュ氏(ゲッティ=共同)
 【ワシントン共同】トランプ米大統領が、連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長候補とされる2人と相次いで会談したことが分かった。ウォールストリート・ジャーナル紙電子版などが29日に報じた。ホワイトハウス高官は、議長に指名する可能性を検討するのが会談の目的だったとしている。トランプ氏は「2、3週間で決断する」と述べ、10月中の指名を明言した。

 同紙によると、トランプ氏は27日に現職のFRB理事のジェローム・パウエル氏(64)と面会。28日には元FRB理事でスタンフォード大フーバー研究所客員研究員のケビン・ウォーシュ氏(47)と会談した。

(9月30日13時30分)

経済(9月30日)