国内外ニュース

新入国規制策も違憲と提訴 米団体、差し止め要求

 【ワシントン共同】全米市民自由連合(ACLU)は29日、トランプ政権が発表した北朝鮮など8カ国からの新たな入国規制措置は合衆国憲法違反として、一時差し止めを求めて東部メリーランド州の連邦地裁に提訴すると明らかにした。新たな規制策を巡っても法廷闘争が続く見通しとなった。

 トランプ政権は今月24日、イスラム圏6カ国からの入国規制策に代わり、スーダンを除いた5カ国にチャド、北朝鮮、ベネズエラを対象に加えた新たな規制策を公表。非イスラム圏国家を対象に加え、宗教差別という批判を回避する狙いがあるとみられていた。

(9月30日10時50分)

国際(9月30日)