国内外ニュース

バーミヤン大仏再建案報告 東京でシンポ、ユネスコ

 アフガニスタン中部バーミヤンにある、旧タリバン政権に破壊された東大仏=2014年7月(共同)  アフガニスタン中部バーミヤンにある、旧タリバン政権に破壊された東大仏=2014年7月(共同)
 2001年に大仏が破壊された世界遺産、アフガニスタン中部バーミヤンの仏教遺跡群に関する国際シンポジウムが30日、東京芸術大で開かれた。世界各国の専門家による大仏再建案が報告され、別の場所にモニュメントを建てる日本案が説明された。

 アフガン政府は大仏再建を要望しているが、遺跡の真正さ確保のため、再建は原則的に認められていない。ユネスコカブール事務所の長岡文化部主任は「文化財を再建することで平和構築につながるなら認めるべきだとの議論が起きている」とし、国際的なルール作りを進めていることを明らかにした。(共同)

(9月30日17時16分)

国際(9月30日)