国内外ニュース

中国、国慶節連休始まる 7億人が旅行に、日本も人気

 国慶節を迎え、大勢の観光客でにぎわう北京の天安門広場。「喜んで第19回党大会を迎えよう」と書かれた花飾りが置かれた=1日(共同)  国慶節を迎え、大勢の観光客でにぎわう北京の天安門広場。「喜んで第19回党大会を迎えよう」と書かれた花飾りが置かれた=1日(共同)
 【北京共同】中国の国慶節(建国記念日)を祝う大型連休が1日始まった。期間中、延べ約7億1千万人が国内外に出掛けると予想され、日本は当局の団体旅行制限にもかかわらず依然として人気の渡航先。第19回共産党大会の開幕を18日に控え、街には国威発揚を図るスローガンが目立つ。

 今年は伝統的な祝日、中秋節(10月4日)が重なったため、例年より1日長い8連休。海外には過去最高の延べ600万人余りが出掛けると見込まれ、北京国際空港にはスーツケースを抱えた人たちの長い列ができた。政府系シンクタンク、中国旅行研究院によると、タイや日本、シンガポールなどに人気が集中している。

(10月1日17時41分)

国際(10月1日)