国内外ニュース

防災施設見直し住民投票賛成多数 茨城・神栖で

 茨城県神栖市で1日、事業費約171億円をかけて市が建設中の防災アリーナについて、施設規模見直しの賛否を問う住民投票が実施された。即日開票の結果、賛成が1万3812票で反対の1万1482票を上回った。

 投票結果に法的拘束力はないが、市の住民投票条例は、市長と市議会が結果を尊重するよう明記している。

 市選挙管理委員会によると、投票率は33・40%。住民投票は18歳以上の市民が対象で、有権者数は7万6126人だった。

 防災アリーナは観覧席が2500ある体育館などを備え、災害時に避難所としても利用する複合施設。5月に着工し、2019年3月の完成を予定している。

(10月1日21時45分)

社会(10月1日)