国内外ニュース

冬季五輪正式立候補は来年3月末 札幌市が開催目指す26年

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は1日までに札幌市が開催を目指す2026年冬季五輪の詳細な招致手順を発表し、来年3月末が正式な立候補手続きの期限となった。9月29日に始まった「協議」と、18年10月からの「招致」の2段階に手続きを分け、19年9月のIOC総会(ミラノ)で開催都市を決定する。

 IOCは近年の深刻な五輪離れを受け、立候補都市の負担軽減を目指している。実質的な招致期間は2年から1年に短縮される。立候補に興味を示す都市とIOCで事前に話し合う「協議」段階では、詳細な開催計画を記した「立候補ファイル」の提出を求めない。

(10月1日22時01分)

国際大会(10月1日)