国内外ニュース

出直し選で民進・社民推薦初当選 不正採用事件の山梨市

 山梨県山梨市長選で初当選し、万歳する高木晴雄氏=1日夜  山梨県山梨市長選で初当選し、万歳する高木晴雄氏=1日夜
 職員不正採用事件で逮捕、起訴された前市長の辞職に伴う山梨県山梨市の出直し市長選は1日投開票され、無所属新人の元県会副議長高木晴雄氏(67)=民進、社民推薦=が、無所属新人の元県議奥山弘昌氏(57)=自民推薦=を破り初当選した。投票率は65・00%で過去最低。

 2人は事件を受け、不正の再発防止を掲げ、市政への信頼回復を主張した。県議2期目だった高木氏は固定資産税の減税による企業誘致などを訴え、支持を得た。

 事件を巡っては、試験結果を改ざんしたとして前市長の望月清賢被告(70)が逮捕され、8月に辞職。受託収賄罪などで起訴されている。

(10月1日22時40分)

政治(10月1日)