国内外ニュース

サトノダイヤモンドは15着 フランス競馬の凱旋門賞

 凱旋門賞で15着に終わったサトノダイヤモンド(右端)=シャンティイ競馬場(共同)  凱旋門賞で15着に終わったサトノダイヤモンド(右端)=シャンティイ競馬場(共同)
 【シャンティイ(フランス)共同】フランス競馬の世界最高峰レース、第96回凱旋門賞(2400メートル芝、G1)は1日、パリ近郊のシャンティイ競馬場で18頭が出走して行われ、サトノダイヤモンド(4歳牡馬、クリストフ・ルメール騎乗、池江泰寿厩舎)は15着、同厩舎のサトノノブレス(7歳牡馬、川田将雅騎乗)は16着に終わり、日本馬初制覇は成らなかった。

 昨年の菊花賞、有馬記念を制したサトノダイヤモンドは中団を追走したが、最後の直線で伸びなかった。英国の3歳牝馬のエネイブル(デットーリ騎乗)が優勝し、G15連勝を飾った。

(10月2日0時15分)

スポーツ(10月2日)