国内外ニュース

欅坂46握手会の妨害男に有罪 千葉地裁「動機は理不尽」

 千葉市の幕張メッセで開かれた「欅坂46」のイベント会場で発煙筒のようなものから上がる白煙=6月24日(参加者提供)  千葉市の幕張メッセで開かれた「欅坂46」のイベント会場で発煙筒のようなものから上がる白煙=6月24日(参加者提供)
 千葉市の幕張メッセで6月にあったアイドルグループ「欅坂46」の握手会で発炎筒に点火してイベントを中断させた上、ナイフを所持していたとして、威力業務妨害と銃刀法違反の罪に問われた札幌市白石区の無職の男(25)に千葉地裁は2日、懲役2年、保護観察付き執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

 楡井英夫裁判官は判決理由で「インターネット上で中傷を受けていた欅坂46のメンバーへの同情を集めたかったという動機は理不尽で、大規模な握手会を妨害した犯行も悪質だ」と指摘。メンバーやファンらに謝罪しているとして、執行猶予付きの判決とした。

(10月2日11時27分)

社会(10月2日)