国内外ニュース

卓球ロボ、水谷選手に挑む オムロン、AIで球の軌道予測

 卓球の水谷隼選手と対戦する、オムロンが開発したロボット「フォルフェウス」=2日、千葉市の幕張メッセ  卓球の水谷隼選手と対戦する、オムロンが開発したロボット「フォルフェウス」=2日、千葉市の幕張メッセ
 オムロンが開発した卓球ロボット「フォルフェウス」が2日、リオデジャネイロ五輪の男子卓球シングルス銅メダリスト、水谷隼選手に挑戦した。センサーと人工知能(AI)で球の飛んでくる軌道を予測しながらラケットを巧みに操って打ち返し、30往復以上続くラリーを繰り広げた。

 千葉市で3日開幕するデジタル家電展示会「CEATEC(シーテック)ジャパン2017」の報道関係者向けイベントとして披露された。オムロンの卓球ロボは2013年に初代機が登場し、昨秋には世界初の「卓球コーチロボット」としてギネスにも認定。4代目となる今回のロボはAIを進化させた。

(10月2日18時30分)

暮らし・話題(10月2日)