国内外ニュース

国内新車販売、上半期7・7%増 日産の新型車が好調

 2017年度上半期(4~9月)の国内新車販売台数(軽自動車を含む)は、前年同期比7・7%増の248万2835台だった。日産自動車の新型車が好調だったことが全体の販売台数を押し上げた。

 日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会が2日、発表した。

 軽自動車以外の自動車(登録車)の販売台数は4・0%増の160万7978台だった。トヨタ自動車は昨年12月に発売した「C―HR」は好調だったが、「プリウス」が落ち込み0・1%減少。主力の「ノート」と「セレナ」が引き続き好調の日産は17・2%増えた。

(10月2日19時01分)

経済(10月2日)