国内外ニュース

民進、無所属出馬相次ぐ 小池、枝野両新党に不満

 民進党では2日、野田佳彦前首相や岡田克也元代表ら大物議員が、無所属で衆院選に出馬する意向を相次いで表明した。小池百合子東京都知事が率いる新党「希望の党」と、枝野幸男代表代行が結成を表明した新党「立憲民主党」双方への不満や不安が背景にあるとみられる。

 無所属の場合、小選挙区と比例代表の重複立候補ができないなど選挙で不利な点があり、大物議員らにとってはいばらの道になりそうだ。

 野田氏は千葉県庁で記者団に、無所属での出馬を表明した。「一票でも負けたら敗北。首相経験者が敗北したら、政治生命はない」と危機意識をあらわにした。

(10月2日19時01分)

政治(10月2日)