国内外ニュース

男子フルーレは岩手が連覇 愛媛国体第3日、女子は岐阜がV

 成年男子フルーレ決勝 東京の選手(左)と対戦する岩手・藤野大樹=四国中央市伊予三島運動公園体育館  成年男子フルーレ決勝 東京の選手(左)と対戦する岩手・藤野大樹=四国中央市伊予三島運動公園体育館
 国民体育大会「愛顔つなぐえひめ国体」第3日は2日、愛媛県四国中央市伊予三島運動公園体育館などで19競技が行われ、フェンシングのフルーレ成年男子は岩手(藤野、佐々木、千田)が2年連続2度目、成年女子は岐阜(梅田、川満、伊藤)が初の頂点に立った。

 スポーツクライミングで競う山岳の成年女子ボルダリングは尾上彩、広重幸紀の福井が優勝。ライフル射撃の成年男子10mエアピストル(60発)は五輪3大会連続出場の松田知幸(神奈川)が制し、剣道の少年は男女とも愛媛が頂点に。自転車の男子4キロ団体追い抜きは福岡、チームスプリントの男子は青森、女子は東京が勝った。

(10月2日19時05分)

スポーツ(10月2日)