国内外ニュース

英モナーク航空が破綻、運航停止 価格競争激化で

 【ロンドン共同】英格安航空会社(LCC)のモナーク航空が2日、経営破綻し、運航を停止した。LCC間の価格競争の激化を背景に、資金繰りに行き詰まったためだ。英民間航空局は「英航空会社で最大の経営破綻だ」と説明している。モナークの利用者約11万人が英国外にいるといい、英政府は他の航空会社に振り替え輸送を依頼した。同社は約30万件の予約もキャンセルした。

 英紙によると、モナークは英5位の航空会社。ロンドン郊外の空港を拠点に南欧を中心に運航していた。運賃低下のほか、英通貨ポンドの下落に伴ってドル建てで支払う燃料費の負担も膨らんだという。

(10月2日21時40分)

経済(10月2日)