国内外ニュース

タイ軍事政権と関係発展に前向き 米大統領、人権団体は批判

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は2日、ホワイトハウスでタイのプラユット首相と会談し「私たちの関係は非常に強固だ」と述べ、プラユット軍事政権との関係発展に前向きな姿勢を示した。オバマ前米政権はクーデターで実権を掌握したプラユット政権から距離を置いたが、トランプ氏は方針を転換した。

 首脳会談を行ったことで、民主的な手続きを経ていない軍事政権にお墨付きを与えたことになりかねず、米国の人権団体などは懸念を表明。トランプ氏はクーデターで実権を握ったエジプトのシシ大統領とも4月に会談しており「独裁的な指導者を称賛している」などと批判する声が出ている。

(10月3日8時56分)

国際(10月3日)