国内外ニュース

千葉海保の航海士を書類送検 ボートに接触、3人けが

 千葉海上保安部の巡視艇が3月、警戒活動中にプレジャーボートに接触して3人にけがを負わせたとして、横須賀海上保安部は3日、業務上過失往来危険などの疑いで、巡視艇「たかたき」の松谷久治主任航海士(53)=神奈川県横須賀市=を書類送検した。

 書類送検容疑は3月5日正午すぎ、猿島=同市=の東約2・5キロの海上で、6人乗りのプレジャーボート「ジェシカ」に接触し、釣りをしていた45~72歳の男性3人に軽傷を負わせた疑い。

 横須賀海保によると、たかたきは別の漁船が近づいてきたため、避けようと後進した際にジェシカの前部に接触した。

(10月3日16時46分)

社会(10月3日)