国内外ニュース

東都野球、立正大と中大が先勝 第5週1回戦

 東都大学野球リーグ第5週第1日は3日、神宮球場で1回戦2試合が行われ、立正大が亜大に5―3で競り勝ち、中大は日大を10―1で下した。

 立正大は八回に小畑、大平の連続長打で2点を勝ち越した。小郷は2打席連続本塁打。中大は4本塁打を含む13安打を放ち、先発鍬原が7回1失点、9奪三振で今季2勝目をマークした。

(10月3日18時01分)

スポーツ(10月3日)