国内外ニュース

栃木県警OBら3人逮捕 障害者暴行の証拠隠滅疑い

 宇都宮市の知的障害者支援施設「ビ・ブライト」で4月、入所者の男性(28)に暴行したとして運営法人「瑞宝会」の職員ら男女2人が傷害容疑で逮捕された事件で、栃木県警は4日、事件に関する内部調査の資料を捨てたとして証拠隠滅の疑いで、同会職員で県警OBの手塚通容疑者(69)=宇都宮市=ら3人を逮捕した。

 他の逮捕者は県警OBの斎藤博之容疑者(58)=栃木県大田原市=と、暴行事件当時に施設長を務めていた斎藤健輔容疑者(56)=宇都宮市。

 逮捕容疑は、4月15日にあった暴行事件の証拠と認められる文書を同18日ごろに廃棄した疑い。県警は3人の認否を明らかにしていない。

(10月4日13時16分)

社会(10月4日)