国内外ニュース

観察の取り消し、国側が控訴へ オウム元幹部の「ひかりの輪」

 オウム真理教の元幹部上祐史浩氏(54)が設立した「ひかりの輪」への観察処分を取り消した9月25日の東京地裁判決を不服として、国側が東京高裁に控訴することが4日、関係者への取材で分かった。

 公安審査委員会は2000年、団体規制法に基づきオウムの観察処分を決定。公安審は15年1月、オウムの後継団体とされる「アレフ」と、07年に分派したひかりの輪を一体と見なして5回目の処分更新を決めた。

 地裁判決は、ひかりの輪について、松本智津夫死刑囚(62)=教祖名麻原彰晃=への帰依を深めるアレフとは別団体だと判断した。

(10月4日11時41分)

社会(10月4日)