国内外ニュース

立憲民主、50人超擁立へ 東京は菅元首相ら16人

 立憲民主党の東京での立候補予定者発表記者会見であいさつする長妻昭氏=4日午後、国会  立憲民主党の東京での立候補予定者発表記者会見であいさつする長妻昭氏=4日午後、国会
 枝野幸男元官房長官が代表を務める立憲民主党の長妻昭元厚生労働相は4日、衆院選に全国で50人を超える候補者を擁立するとの見通しを示した。うち東京の小選挙区で菅直人元首相ら16人を擁立する方針。国会内で記者団に対し「民進党から立候補できない中、多くの仲間が集った」と述べた。

 東京で立候補を予定しているのは、1区海江田万里元経済産業相、5区手塚仁雄氏、7区長妻氏、16区初鹿明博氏ら。

 共産党東京都委員会は4日、都内6選挙区で予定していた新人候補の擁立を取りやめると発表。1、5、6、7、18区を立憲民主の候補に、21区を社民党の候補にそれぞれ事実上一本化する。

(10月4日19時55分)

政治(10月4日)