国内外ニュース

ぶどう酒封かん紙で追加証拠提出 名張事件再審請求、弁護団

 三重県名張市で1961年に5人が死亡した名張毒ぶどう酒事件を巡り、故奥西勝元死刑囚の妹が申し立てている第10次再審請求で、弁護団は奥西元死刑囚が収監先で死亡してから2年が経過した4日、ぶどう酒の瓶をふさぐ封かん紙についての新たな鑑定結果を追加証拠として名古屋高裁に提出した。

 弁護団は昨年5月、封かん紙に製造時と異なるのりの成分が付着していたとする鑑定結果を提出。真犯人が現場の公民館以外の場所で毒物を混入、封かん紙を貼り直したなどと主張していた。

 これに対し検察側が「インキや捜査関係者らの皮脂が付着、鑑定に影響した」などと反論していた。

(10月4日18時05分)

社会(10月4日)