国内外ニュース

東京円、112円台半ば

 4日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=112円台半ばで取引された。

 午後5時現在は、前日比58銭円高ドル安の1ドル=112円51~53銭。ユーロは52銭円高ユーロ安の1ユーロ=132円27~31銭。

 最近の円安ドル高傾向を受け、持ち高調整や利益確定のドル売り円買いが優勢となった。米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長の有力候補が報じられ、米国の利上げペースが想定より緩やかになるとの観測から円を買う動きもあった。

 市場では「FRB議長人事を巡る思惑で相場が動くことが続きそうだ」(外為ブローカー)との声があった。

(10月4日18時11分)

経済(10月4日)