国内外ニュース

巡査長が酒酔い運転容疑、群馬 飲酒巡り指導中

 群馬県警は4日夜、道交法違反(酒酔い運転)の疑いで前橋東署地域課巡査長櫃間功次郎容疑者(56)=前橋市=を逮捕した。

 県警によると、櫃間容疑者は容疑を認めている。過去に飲酒依存に関して投薬治療し、現在も医師の健康指導を受けていたという。県警は過度に飲酒しないよう指導していた。

 逮捕容疑は4日午後3時40分ごろ、同市元総社町2丁目の市道で、乗用車を酒に酔った状態で運転した疑い。

 市道にエンジンがかかった乗用車が止まり、車内で櫃間容疑者がぐったりしているのを通行人が見つけて交番に通報。近くの標識や電柱に乗用車がぶつかったとみられる跡があった。

(10月5日5時41分)

社会(10月5日)